住宅の「アフターサービスプラットフォーマー」である日本リビング保証株式会社と業務提携 不動産売買特化型電子契約サービス「Release(レリーズ)」を活用した連携へ

2022/07/12
Twitterシェアボタン
Facebookシェアボタン
住宅の「アフターサービスプラットフォーマー」である日本リビング保証株式会社と業務提携 不動産売買特化型電子契約サービス「Release(レリーズ)」を活用した連携へ

【電子契約を起点に、不動産売買時の各種手続のワンストップ化の実現へ】


不動産売買に特化した業界最安値(※1)の電子契約サービス「Release(レリーズ)以下:レリーズ」を開発・提供するGOGEN株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:和田浩明)は、住宅を中心としたアフターサービスプラットフォームを提供する日本リビング保証株式会社(本社:東京都新宿区、代表:安達慶高、以下:日本リビング保証)と、両社のサービスとナレッジを組み合わせた提供価値拡大を目的とした業務提携を開始しましたのでお知らせします。

日本リビング保証は、これまで独自の「アフターサービスプラットフォーム」の提供を通じて、3,500社を超える住宅事業者にアフターサービス拡充を通じた経営支援を提供してきた保証事業者です。当社と日本リビング保証は本業務提携により、当社が提供する「レリーズ」において、日本リビング保証が提供する「既存設備サポート」などのアフターサービスへの加入手続の利便性向上に取り組んでまいります。具体的な例として、今後、電子契約手続時に併せてアフターサービスの加入手続を案内する等の取組を開始する予定です。また、こうした電子契約を起点として不動産売買時の各種手続をワンストップ化することは、不動産事業者から顧客へのソリューション提案力強化や、顧客の満足度向上といった効果に繋がることが期待されます。当社は今後も、レリーズやその他のプロダクトを通じて、不動産売買のDX推進やお客さまの購入体験向上を実現すべく邁進して参ります。

■提携の背景

日本リビング保証が提供するサービスを始め、顧客が不動産購入時に伴って利用を検討・選択するサービスは多岐に渡ります。それらのサービスは、不動産会社から顧客に対して案内を実施することが一般的ですが、営業担当者が他社のサービスを紹介することになる都合上、担当者毎の説明内容の差異や案内の失念、現場の業務負荷の向上などの課題が存在します。このことは、サービス提供者にとっては営業機会の低下・低質化、不動産会社側にとっては顧客満足度低下や付帯収益獲得機会の喪失といった問題に繋がっています。顧客にとっては日本リビング保証が提供する住宅設備機器のメンテナンスサービスの認知機会・加入機会を十分に得られないことは、購入する不動産の資産価値維持や居住品質の向上に影響を及ぼします。

こうした背景に鑑みて、レリーズによる電子契約時の不動産会社と顧客のデジタル接点を活用して、日本リビング保証の提供サービスを顧客に確実に案内し、希望する顧客が漏れなく加入手続きを実施できる状況を整えることは、両社サービスの提供価値向上、並びに業界課題の解決実現に不可欠であると考え、今般の提携に至りました。

本プレスリリースの詳細についてはこちらをご覧ください。

  • 電子契約をまずは安く使い始めて最大限の成果を求めたい方
  • セキュリティを守りながら使いやすい製品を探している方

低価格はもちろん様々な現場ニーズに合わせたカスタマイズ機能も提供可能です。
まずは詳細はお問い合わせください。